« 出川が「なんなん?」と思うこと。 | メイン

パピーウオーカー

盲導犬のなるべくワンコたちは、子供の頃に1年間、一般の家に預けられます。
その家の人たちは特別なことは何もしなくて良くて、ただペットとして愛情を持って育てていくだけ。
でも悲しいことに1年だけ。
どう懐いていても、手放したくなくても、手放さないといけないのです。
わんこも、悲しいな、訓練の場所へ行くのです。
でも、年齢的に盲導犬としての働きができにくくなったら引退して、稀に、パピー家族の元に戻ることができます。
覚えているのもか?
、、、覚えてるらしいですよーーー!
犬って記憶力は良くないらしいのですが、そういうのはやっpり覚えているんですねー。
嬉しいよねーー。
匂いとか、そういうのもあるのかもですが、子供の時に遊んだ家と飼い主、っていうのは思い出すものなのでしょう。
お疲れ様、って、迎えてあげたいですね。
盲導犬も大変な仕事です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.acair-revel.com/mt3/mt-tb.cgi/95

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2021年06月01日 20:50に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「出川が「なんなん?」と思うこと。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38