« 泣いちゃった | メイン | 設定代行 »

未来について

映画「未来を花束にして」を見ました。
もっと、女性が平和に活動を行ってたのかと思ったらあんがい過激だったのね。
あれで女性の選挙権がとれたなんて・・・時代が違うとはいえすごい。

主役のモード・ワッツを演じた女優さんは有名な人ですね。
映画「私を離さないで」にも出ていました。
もっといえば、「プライドと偏見」にも出ていた、すごい若い時に。

モードは洗濯物を届ける途中に女性参政権を求めて活動する
婦人社会政治連合の過激行動に遭遇したんです。

これをきっかけに、サフラジェットと呼ばれる女性参政権を求める活動家で
過激な活動を展開しているイーディスと出会っていきます。

はじめは彼女も冷めた目でみていたのに、
だんだんとその活動にチカラが入っていくようになったんですね。

警察につかまったりしてるうちに子供が養子にだされて、
もう失うものなんかない、となったモードはすごかった。


日本も女性の選挙権ができたのは戦後(だと思った)です、
世界的な動きはこの人たちの活動によるものなんだって思うと・・・
すごいカンゲキですねー。そう思いません??

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.acair-revel.com/mt3/mt-tb.cgi/60

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2018年07月01日 17:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「泣いちゃった」です。

次の投稿は「設定代行」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38