« 新たな薬 | メイン | 介護の勉強強化に向けて »

認知症と看護人の気持ち

認知症との闘い…それはなかなか終わることはないんだけど最近はなんだか慣れてきた感じかな。
父親の介護…若いころはそんなこと考えたこともなかったんだよね。
看護師になって認知症の人を何人も見てきて大変だなって思ったりもした。
だけどまさか自分がこんなことになるなんてね。
だけど看護師をしていてよかったなって思う部分もあるんだよ。
少しでも認知症に対しての知識が備わっているんじゃないかなって思う部分。
もちろん知識として備わっていても実際に触れるのとではぜんぜんちがっているんだけどそれでも何も知らないよりも全然いいんじゃないかな…。
これからどのくらいの間私のこの闘いが続くのかはわからないけど自分に出来ることを精一杯していこうって今は思えます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.acair-revel.com/mt3/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年02月12日 11:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新たな薬」です。

次の投稿は「介護の勉強強化に向けて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38