« 認知症のおそろしさ | メイン | 新たな薬 »

医療と父と…

父の認知症、少しずつ少しずつではあるけど進んでいるようです。
看護師という忙しい仕事をしている私はじっくりと父のことを見てあげられないのがちょっとかわいそうだとは思っているけど働かないといけないからどうしても…。
家にいる時は少しでも父との会話を…と思っているんだけど少しずつ進行している父の姿を見るのはとても辛い気持ちになってしまうこともあるんですよね。
認知症、いつの日か治せる薬って出来るのでしょうか…。
そういうことが実現するとしてもきっと父が元気なうちには無理なんでしょうね…。
看護師という少しでも医療に携わる仕事をしているにも関わらず全く父の役に立っていない自分に腹が立つことも多いです。
認知症の人を家族に持つ人、きっと私と同じような思いをしている人がたくさんいるんでしょうね…。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.acair-revel.com/mt3/mt-tb.cgi/17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2012年11月28日 23:33に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「認知症のおそろしさ」です。

次の投稿は「新たな薬」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38